そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

師匠

 今日(金曜)の昼に、小島章司先生のスタジオ公演に行った。

 

 スタジオという狭い空間で、先生の踊りを拝見するのは久し振りであった。

どのような賛辞の言葉を並べても、先生の踊りの素晴らしさを表現しきれるものではない。

「言葉を失う」とは、まさにそうゆうことだ。

ただ涙が止まらなかった。

 

 小島章司先生ほど「自分に厳しい芸術家」を私は知らない。

あのような生き方は誰にも出来ない。

だから、あんな風には誰も踊れないのである。