そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

日本人には判らないスペインの生活

 『日本人には判らないスペインの生活』榎本和以智著 南雲堂フェニックス を読んだ。

 

 スペイン在住20年(初版時)の著者が、スペインの文化、習慣などについての所感を述べたエッセイ集。

共鳴するところ、初めて知ることなど、色々とあり参考になった。

 

 スペイン人に対して、かなり辛口の論調が続き、そこが又、「確かにそうなんだよね・・・」と同意できることばかりなので、読了感はちょっと複雑である。

 

 例えば、こんな行。

この20年で変わらなかったスペイン人の嫌なところ

☆背を向けると悪口をいうこと。

☆自分の言いたいことだけいって、他人の話を聞かないこと。

☆簡単に物事を引き受けて、あとは知らん顔のこと。

☆決して謝らないこと。

 

 う~ん、そうね。確かにそうなんだけれど、でもやっぱり、個人差が大きいよ。

スペインから出た事のない「コテコテのスペイン人」はそうかも知れないけれど、日本に住んでいるスペイン人で、「我が国ながら、そういった国民性は嫌いだ」と言っている人も何人か知っているもの。

 

 でも、スペインに対して「良い印象」(友好的で明るくて・・・)しか持って居ない人は、これを読むとちょっと意外で、渡西前の心構えに役立つかも知れない。