そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

扉をたたく人

 「扉をたたく人」を見た。

これは、評判に違わず実に素晴らしい映画だった。

 

 9.11以降、異常なほど厳しくなったと言われる米国の移民政策問題を背景に、初老の大学教授の心情描写が実に丁寧に描かれている。

 

 試験勉強中の娘を誘って、久し振りに一緒に見たのだが、2時間、机に向うより、この映画を見て学ぶことの方が大きかったであろうと私は思う。

 

 社会問題を扱う場合、このような形の映画の方が、より大勢の人に見てもらえるに違いない。

とにかく、1人でも多くの人に「見てもらえなければ、伝わらない」のである。

 

 http://www.tobira-movie.jp/