そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

地雷探知犬

 今月号のDAY JAPANを読んで、“地雷探知犬”という存在を、初めて知った。

 

 地雷探知犬とは、地中に埋められ、人間の目ではなかなか発見できない地雷を鋭い嗅覚で探し出してくれるという、とても危険でかつ人命を救うことに直結する仕事をしてくれている犬のことだ。

 

 マノリアという小型のシェパード犬に、その資質が高くあって、特別な訓練を受けて育った後、カンボジア、エチオピア、コンゴ、ヨルダンなどの、地雷被害の甚大な国に送られ、働くという。

 

 地雷は、作って埋めた側が責任を持って、一定期限内に撤去しなければいけないという国際法を作るべきだと思うが、一向にその流れはないし、「法」を作ったところで、守られなければ同じこと。

 

 それは、つい最近のガザ攻撃で、イスラエルパレスチナ間人の頭上に白燐弾を降らせたことを見ても証明されている。

 

 「法を遵守させる法」を作らなくちゃなけない・・・狐と狸の化かし合いみたいなものだ。

 

 たった4ドル程度で作れてしまう地雷という兵器は、今も世界中の紛争で使われ続けている。

人間の愚考の後始末を犬に手伝わせている現実。

犬以下なんだな・・・。

 

今月号のDAYS JAPAN 読んでみて下さい。

石神井では、駅の北口に接している書店で扱っています。

http://www.daysjapan.net/