そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

どんぐり

 気持ちの良い昼下がり、スペイン語クラスの帰り道にそのまま室内に入ってしまうのは勿体なくて、近所にある体育館前のベンチに腰掛けながら、本を読んでいた。

 

 風が吹くたび、パラパラッと音がするので、何だろうと思いきや、どんぐり?が降ってきているのだった。

 

 子供の頃、神社の境内で遊びながら、いつも“どんぐり”や“しいの実”を拾ったものだった。

“しいの実”は食べられるが、どんぐりはアクが強く、渋いので食べられない。

“しいの実”を見つけるのは、おやつなど無かった時代の、ささやかな楽しみだった。

 

 当時は、ひと目で見分けが付いたものだったが、今日は、木の幹に『コナラ』と名札があるのを見るまで、どちらか判らなかった。

 

 そう言えば、もう何十年も“どんぐり”を見つけるような生活をしていない。

 いつも地下室(スタジオ)に篭っているからなぁ・・、もっと外に出なきゃ・・・。