そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

憲法9条をスペイン語で読む

 『El conejo de cristal 』:ガラスのうさぎ 高木敏子著 翻訳Masako Nakane ,Yoriko Noro, Etsuko Sako  現代企画室発行 を読み終えた。

この本が20ヶ国語以上に翻訳されている、というのは、素晴らしい!

時の流れと共に、日本で戦争を語り継ぐ人が少なくなっていくのは仕方がないこと、未だに止まない戦火があることを忘れてはならないから。

これは日本の過去であると同時に、紛争地域では現在進行形の物語でもある。

 

 憲法9条のスペイン語訳を読むことが出来たのは、とても貴重であったので、引用させて頂く。P136 10行目より

 

 CAPÍTULO 2.  Renuncia a la Guerra

 

 Artículo 9.

Sinceramente aspirando a la paz internacional basado en la justicia y el orden,

el pueblo japonés eternamente renuncia a la guerra

como un derecho soberano de la nación

y a la amenaza o el uso de la fuerza de las armas

como un medio para resolver las disputas internacionales.

 

 Para cumplir el propósito del párrafo anterior,

nunca se mantendrán las fuerzas terrestres,

navales y aéreas ,

como tampoco cualquier otro poder que lleve a la guerra.

No se reconocerá el derecho de beligerancia de la nación.

 

 機会あれば、ぜひ原作(翻訳も)を読んで下さい。