そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

歩きながら考える

 昨夜は、ANIFERIA(中野ゼロホール)が終わり、打ち上げの後、荻窪から上石神井まで歩いて帰宅した。

「本番で疲れているだろうに、何で歩いて?」と思われるかも知れないが、いえ、本番の日というのは、身体的には殆ど疲れない。

ゲネと併せても、たかだか14分、汗をかく暇もない位の運動量なので・・・、でも精神的には、高揚感や緊張感の残りが混ざり合ったまま、妙な疲れ方をしている、それをクールダウンさせるのに、歩くのはもってこいなのだ。

 

 いつもバスで通っている青梅街道も、夜、歩くとまた違う顔を見せてくれる。緑を落とした街路樹や、スペインを思い出させるオレンジ色の街灯を眺めながら、時に、こんな冬の夜中にも咲いている花を見つけて驚くのは楽しい。

 

 荻窪から自宅まで、ちょうど徒歩1時間の距離。夜の散歩は昼間の華やかな舞台や、楽屋の賑わいから解かれる時間である。