そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

風邪への対処方法

 風邪の対処方法: 認めない!

いつもこの方法で乗り切ってきた。あぁ、何か風邪引きそうだなぁ・・と感じたら、プロポリスを飲んで寝る。

咳がゲホゲホ出ない内は症状を認めず、“気のせい”ということにしている内に、元来丈夫な私は、本当に治ってしまうので、良し!と。

 

 でも、このところ「寝る」が足りなかったのか、木曜の夕方からいよいよ立っているのも辛い位になってしまった。

それでも、這うように金曜の朝・夜クラスをやったものの、さすがに夜は「体調悪し」と生徒さんに自白して、早々に切り上げさせてもらった。

 

 更に一晩、又、プロポリスを大量投与して、後はスポーツドリンクの水割りと、発熱で体力・筋力を消耗しないように、スポーツサプリメントを飲んで、ひたすら寝る、寝る、寝た~!

 

 で、土曜の朝はすっきり!・・どこまで、頑丈なんだ。

 

 たった、2泊3日の風邪引きだったけれど、恐ろしく永く感じたのは、普段、病みなれていないせい。

思考能力が落ちて、スペイン語は読めど、聞けど、さっぱり頭に残らないので、アルトゥーロ・ペレス・レベルテの「フランドルの呪絵」(日本語版)を読んだ。

2段組336頁、一気に読めたのは風邪のおかげ。

 

 誰にでも向いているとは言えないが、風邪かな?位で、薬を飲んだり、微熱を下げてしまうのは、返って身体が「闘う底力」を出す機会を逸するから、出来れば熱が出るにまかせて、寝込んだ方が良い。

 

 すると、きっとタイミング悪く、明日が本番!今日、最終リハみたいな時に、市販の風邪薬を飲んでも、滅法、効く。

 

それにしても、たかだか風邪で勉強意欲ゼロになった私。

ひきかえ、同窓生のKさんは抗癌治療を続けながら、常に猛勉強だ。

もう、私なんか、全くお話しにならない。