そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

数年振りの怪我

 金曜日の夜、久しく忘れていた程の怪我をした。

渾身の力で閉めた扉で自分の膝を挟んだのだった。(打撲&擦過傷ってやつね)

ジャージ2枚重ねで着用していたにも関わらず、膝の皮も削り取れていたので、どこまで腕力あるのかと、我乍ら呆れる。

 

 当然、翌日は全く歩くことも出来ず、今日(日曜日)は、まだ足を引きずって歩いている。

練習を休める時期ではないので、自転車を片足で漕ぎつつスタジオへ行った。

もう、傷口に触れなければ、大して痛くないのだが、膝が曲げられないのは不便である。

 

 無理な体重移動で動きまくったせいか、腰と肩に違和感があって、嫌~な感じだ。

 

 打撲の自然治癒は一週間ほどらしい。

かつて、オートバイの事故で17針、膝を縫った時も、一週間で治した驚異の治癒力を誇る私としては、完治の目標は水曜日である。

 

 それにしても、人間の身体って本当に脆いな、と実感。