そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

政府は50km、住民は20km?

 関連付けたIZAのニュースで触れられていない点。

・・・というか、触れてあったので、コピペしようと思ったら、・・一瞬の後に魔法のように消えたのは「50km」という数字。TBSニュースには残っていた。

 

赤文字に注目!

 

TBSニュースによると:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4674605.html

 

 政府は、原子力安全・保安院の職員らを福島第1原発からおよそ5キロのところにある「オフサイトセンター」で待機させていましたが、15日午前、第1原発からおよそ50キロ離れた郡山市まで退避させました。

 
これは北澤防衛大臣が明らかにしたもので、政府は、第1原発周辺での作業にあたるため現地からおよそ5キロの「オフサイトセンター」に原子力安全・保安院の職員と自衛隊員らを待機させていましたが、当面、作業の実施が難しい状況となりました。

 このため、第1原発から20キロ以内の住民に対し、避難するよう指示を出している中、保安院の職員らの安全にも配慮し、退避させたものです。

 

 ここからはIZAの記事:後に続く文に50kmとは書かれていない。(比較されたくなかった?)

 

 東京電力の福島第1原子力発電所2号機と、4号機の使用済み核燃料を貯蔵するプールで15日早朝、相次いで爆発が起きた。2号機では、原子炉格納容器とつながっている「圧力抑制室」が損傷し、外部に放射性物質放射能)が漏れ出した可能性がある。4号機の燃料からも放射性物質が放出された恐れがある。施設周辺で異常に高い放射線量が計測された。東京都内など広範囲で通常の放射線量を上回った。菅直人首相(64)は記者会見し、福島第1原発から20キロ以内の住民の避難指示に加え、20~30キロ以内で屋内退避を指示した。
 

 

 

 ふ~ん・・・、政府&役人は50km地点へ避難、そして住民への指示は20kmって?いいの?20kmで。

 DAYS JAPAN編集長の広河隆一氏は、「50kmに!」って言い続けているよ。

http://daysjapanblog.seesaa.net/