そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

計画停電、本当に必要?

 誰もが計画停電に協力している。

 

 不満・不便を感じている人もいるだろうが、おそらく誰もが被災地に思いを馳せ、自分達に出来ることならば、と納得していることだろう。

 

 でも、私は当初から違和感があった。本当に必要?だって、電力は余っていたはずなのだ。

 

 東電&政府が既に、今後の原子力発電所の増設計画を滞らせないための予防線として「原発がないと、やっぱり困るでしょう?」的な、そこそこの不自由さを思い知らせるべく画策しているように思えてならない。

 

 この不信感と、我乍ら良く当たる直感を裏付ける記事。

 

広瀬隆氏 下記リンク記事より抜粋http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/15/0003867376.shtml

  

 停電にしても、首都圏に集中する中央官庁や産業界が節電すれば、止めなくても大丈夫なはずだ。

 水道や病院、救急態勢に優先的に送電しなければならないのに一体、何をやっているのか。

 東電は「電力が不足する」と危機感をあおって「もっと原発を造らなければならない」という方向に持っていき、原発の必要性を市民の頭に刷り込みたいのだろう。今後を見据えて、いろいろな戦略を練りながら巧妙に対応しているはずだ。本当に腹立たしい。

 

 さらにツイッター、ブログ等で検索すると

 

_2003年の4月から1カ月間、東電原発17基が止まったが停電はなし。世界最大規模の柏崎原発が止まった時もなかった。_ という書き込みが多く見られる。

 

 疑い深いのは私だけじゃないらしい・・。 

 

 私は節電に反対するものではない、むしろ日頃から「計画停電仕様の節電」を心がけているのは、周りもよく知るところだ。

(そもそも、原発に反対する人間が、じゃんじゃん電気を使っていては話にならない)

 

 だが、節電したくても出来ない人たちにまで、その影響が出る今の方法は、何とかならないのだろうか?