読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

文学者たち

 村上春樹氏がスペイン(バルセロナ)で、“カタルーニャ国際賞”を受賞し、そのスピーチで原発事故の問題に触れた。

 

ニュースで読まれた方も多いだろう。

 

http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html

 

 村上春樹氏のような、世界的に影響力のある人が、原発にノーと言ってくれるのは有り難い。(内容はパッとしないけれど・・)

 

 

 さて、池澤夏樹氏のHPでも【3.11】と題したコラムで幾つかの文を読むことが出来る。

こちらは必読!

 

 最近、私の周辺で少しずつ「池澤夏樹ファン」が増えてきているので、嬉しい限りだが、まだ読んだことが無い人も、この機会にぜひ!

 

 まず最初に「楽しい終末」よりをダウンロードして読んでみて下さい。

 

http://www.impala.jp/3.11/index.html

 

 

 

 

 また宮本輝氏は、阪神・淡路大震災をモチーフにした小説『森のなかの海』で、こう書いている。

 

ー この国を動かしている人たちは、いろんなことに対して畏敬の念がないんだと思うよ。宇宙ってものに対する畏敬。大自然への畏敬。優れた芸術への畏敬。学問に対する畏敬。それがないから、民衆をいつも小馬鹿にしているんじゃないか ー