読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

メディアの役割

 久し振りに東電保安院の会見映像を見た。驚いたのは、取材の数が激減していること。

 

 こうして、報道の数が減少し、情報量が減るにつれて「もう、大丈夫なんじゃないのか?」と、いう気分が蔓延していくように思えてならない。

しかも、この期に及んでさえ、原発推進する人たちがいる、というのは驚きを通り越して呆れるしかない。

 

 例えば、このブログに関連付けた記事【エネルギー政策 世界一安全な原発を目指せ】などは、その間口を借りてブログを書いている身としては申し上げ難い、読んでいて目を疑うほど、ひどい記事だ。さすが産経新聞は、経済界:原発を推進してきた業界とがっちり手を組んでいる、ということなのだろうか?

 

 

 やはり、まともな記事が書けるのは(書いているのは)、しがらみの無いフリーランスのジャーナリストしかない、と私は思う。

 

 今も、彼らは自ら被曝しつつ計画的避難地区に足繁く入っている。取材費は何処からも出ない。手弁当で行って、地域の人に密着し、その声を広めている。

 

 チェルノブイリ事故の時も、政府が隠そうとする情報を、地元密着で取材したのは、やはりこうしたフリーのジャーナリスト達だった。

 

 ぜひ、応援してください。

日本ビジュアルジャーナリスト協会 JVJA:http://www.jvja.net/ がWEBで公開しているフォトガゼットhttp://www.fotgazet.com/ は必見だ。

 

 JVJAは、今までも何度か紹介してきた広河隆一氏(DAYS JAPANの編集長)の呼びかけで集まったグループだ。

 

 そうそう、今月号のDAYS JAPANはもう、読んでもらったかしら?

小出裕章氏の記事も掲載されていて、充実した内容です!

 

 http://www.daysjapan.net/