そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

サラマンカにて (続)

 昨日は、ルナ号を身軽にしてサラマンカ中を2時間ほど走り回った。
ここもやはり、坂道&石畳ではあるけれど、自転車専用道路が随所にあって、嬉しい。
私同様、サイクリング目的で走っている人も何人か見かける。

ローマ橋を渡ってすぐのバルでひと休みして居たら、お店の犬に吠えられた。
「怖がっているのよ」と女主人。「何て名前ですか?」「Luna」「…!」ひとしきり話しが弾んだ。
犬のルナちゃん、茶色の雑種?写真を撮ったけれど、アップする方法が解らない…。
相変わらず、iPadも使いこなせて居ないのだ。

 自転車でサラマンカ巡りをした後、一度オスタルに戻って自転車を置き、観光案内所に行った。
クレデンシャル(サンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼を証明するスタンプカード)を貰う場所を尋ねる為だ。

サラマンカ出発で行く人は少ないのか、職員が勉強不足なのか、はっきり知らないようだった。
「カテドラルかカサ・デ・イグレシア(教会の家)だと思うけれど…」「了解、両方行ってみます」
カテドラルではなかった。では、カサ・デ・イグレシアへ…。着いた。え?もう閉めるのかな?守衛のオジサンが私を見つけるや、明らかにシッシッと手で追い払う素振りだ。
「今日はもう閉館ですか?」「ここは、観光するとこじゃないぞ、入れんぞ」「サンティアゴ・デ・コンポステラへ行くので、クレデンシャルを頂きたいのです」「ああ、それなら入れ、すぐそこの窓口だ」
貰った。1ユーロなり。
巡礼路とされている町を通過する時、これにセジョ(スタンプ)を押して貰い、到達地のコンポステラで提示すると“これだけ歩いて(走って)来た” という証明書が発行される。

キリスト教徒にとっては、とても価値のあるもの。でも、私のように信者でなくても旅の記念にする人は多い。但し、条件があって、徒歩なら最低100km、自転車で200km、自力で行かねばならない。どの道程を行くかにもよるが、サラマンカからコンポステラは444kmだ。

明けて今日(23日)は、Zamora(67km)を目指して行く。途中、34km地点のCubo de la Tierra del Vino で、ひと休みできるだろう。

ほぼ一本道!…しかし…大丈夫か私。いっそ、GARMIN(使いこなせないサイクロコンピュータ)を作動させずに行くべきか?

では、続きはZamoraから、…多分。