読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

外国語を学ぶということ

 先のブログにうっかり、書き忘れてしまったけれど・・。

来春、もう一度西検3級の二次を受けてもいいよ。というクリスマスプレゼントをもらってしまった私。やっぱり〜〜  しぃ〜、しぃ〜、次こそは!!・・と早速、DELEB1の勉強に掛かっている。どちらを先に突破出来るかな〜?ワクワク。メラメラ。

 

 折しも、福田洋一さん(大谷大学チベット語を教えている方)のブログを読み、吉村昭の“冬の鷹”を読んだ時以来!と言って良いほど感動したので、紹介しておきたい。

 

http://yfukuda.blog.so-net.ne.jp/2011-12-17

 

ここで紹介されている関口存男(つぎお)というドイツ語学者の勉強に掛ける生き方が凄い!

 

 私は、自分の“仕事”を、“フラメンコを伝えることだ”と考えているし、スペイン語のスペシャリストを目指しているわけではない。

しかし、分野を超えて、やはり“学ぶ”ということは、かくも真剣勝負なのだ、と何度も深く頷き、前述のブログを読んだ。

 

 おそらく、趣味で踊りに接している生徒たちに更に,「スペイン語も頑張りましょう〜!」とお尻を叩いているフラメンコ教室は、そうは無いと思うし・・、勿論、一番に頑張ってもらいたいのは、“踊りの練習”です。

 

 でもね・・・、そろそろ3年は経ったかな・・・? というクラスで未だに100まで数えられないとか、ルビなしで読めない、というのは寂しいわけですよ。。。うんうん。

 

 私も、もっと勉強して、どんな質問にでも答えられるようになるべく努力していくので(今は、じゃ、先生に聞いておくね〜、が多い)、皆(うちの生徒対象)も、もうちょいと気持ちを持ち上げてくれると嬉しいかな〜なんて・・。

 

 あれ?これって教室ブログの方に書くべきだった?・・・ま。いっか。独り言系だし・・・・。