読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

順応性

 冷蔵庫の無い生活に、もはや慣れた川崎です。

しかも、最近は掃除機の具合も悪いです。充電式なのに、余り使っていないので電池が駄目になった感じ。ふん。もう要らんわい。

もともとテレビは無く、しばらく前に炊飯器もパン焼き器も処分し…。

一般家庭ならどこでも有りそうな家電類が、ひとつ消え、またひとつ消え…。

いやあ、大丈夫なもんですねぇ。便利さ、不便さって何でしょうね。

さて、5月最後の日曜日は琵琶の演奏を聞きに八王子へ行きました。
旧知の友人が、しばらく(っても20年以上)会わない内に、すっかりその世界の第一人者として活躍していることを知り、彼の演奏を聴きに行ったのです。

素敵でしたよー。http://biwa-shiotaka.com/
あぁ、音楽性が豊かな人とは、こうゆう人のことを指すのかと思いました。

まだ娘を生む前の友人なので、もう幾ら話しても足らない程、話しが弾んで楽しい時間を過ごしました。

翌、月曜日はやはり、26年来の友人と新宿で会って、延々と色々なことを語り合いました。

仕事が一切関わらない友人関係って、やはり大切ですね。その人はフランス語を、私はスペイン語を、お互い頑張って勉強を続けようね。と言いつつ別れました。

そして、昨日は横浜まで和太鼓の演奏会を聴きに行きました。先述した塩高氏の紹介で、篠笛の演奏者:松尾慧さんとお目に掛かるのが目的だったのですが、和太鼓中心のその演奏会自体がとても素晴らしかったのです。

松尾さんの笛の音も、それはそれは素敵でした。
こうした邦楽器の音を聴くと、つくづく自分の日本人らしさを実感します。
能楽堂に通った時代も懐かしい…。

 そして今日、月曜日は久米川の焼き鳥屋さんと、もう一軒「漣」というお店にお邪魔して、なーんとこれも10数年振り?にカラオケを唄ってしまいました。
いやん。下手だったわーーーーん。演歌なめちゃいかーーーん。という結果。
歌い終わったら、とっとと逃げして帰宅しました。次はもうちょっと練習してから行こう。(演歌練習する時間があったら、マラゲーニャやりなさい、と自責してみる)

 それにしても、今年は実に新しい出会いの多い年で、勿論、全てに意味がある訳ですが…、人生の大きな節目のひとつとなるでしょう。

さあ、しっかり祈ってから寝よう!っと。