そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

吉報やら悲報やら

 夏休みにひぃひぃ言っていた夏期スクーリングの成績表が金曜日に届きまして、わぁあーい!6科目全てA評価を貰えました! 嬉しい!まっこと嬉しいです!

 

 いつだって勉強時間を確保するのは大変ですが、今年は特に充分な予習が出来ておらず、その上、昨年より科目数を増やしたのでもう余裕はゼロでした。

 

 連日、図書館に籠り、授業中眠くならないように、朝昼の食事は抜いて、チョコレートやコーヒーでカロリーだけ摂取するという、文字どおり寝食忘れた15日間。終了後はボロボロの体調でリハーサルが待ち受けていた件は、先のブログに書いた通りです。ベストは尽くしたけれども、そこに至るまでの学習計画に悔いは残っていたので、今回の成績はとりわけ嬉しかったです。

 

 さてその後、11月4日に向けての練習では、徐々にではありますがやりたいことの形が具体的に見えてきて、後1ヶ月、仕上げに向けてラストスパートを掛ける時期となりました。

 

 明日と明後日は2日続きのリハーサルで、色々な決め事をひとまず仕上げて行きましょう。という計画。。。でした。

 

 何故、未来のことを過去形で書いているかというと、アカンのです。

 

 昨日の夜、家を出るとき、足元にあった箱に躓いてあやうく転びかけたのですが、ぉおーー!と、とこらえて転倒には至らず、しかし妙な体勢でひと踊りして着地し、軽く左足を捻りました。その時には大した痛みもなかったのでそのままスタジオへ行って練習を…。

 

 足は普通に打てたので安心して練習を続けていたら徐々に痛くなり始め、左足軸の回転が特に辛い・・・そこで無理せず中断しました。この段階では大事を取って、という判断でしたが、その後、サロンで事務仕事や唄の練習をして約2時間後、さて明日に備えて帰るべしと立ち上がったたら…。

 

 ははは、立てないんですけど…。 歩けない程痛いってどゆこと?

 

 帰宅してから湿布を貼り、炎症・痛み止めの薬を飲みました。

 

 一夜明けて、本来なら今日は一日中、練習するはずだったのですが、びっこを引かずに歩けない状態なので断念しました。うーん、2日間のリハーサル、口三味線だけで進行するとか、あり得ないです。

 

 しかしまあ、本番の前日とかでなくて良かったと思うことにしましょう。

 

 大体いつも大事なイベントがある時に限って、何かあるのです。まるで「ほーら乗り越えてご覧」みたいな…。

おうよ、今回も試されているということで了解です。

 

 全てはより良い結果を生むための過程と、徹底的なプラス思考で参ります。

今日は全く踊れないので、2日間のリハが終わってから取り組むつもりだったアバンドラオス(マラゲーニャの後ろにつける唄)を練習しました。

 

 うん、図らずも早めに取り組むことになったけれど良かったのかも知れません。だって「何これ?」ってほど難しいんです。実際に取り組んでみると。

 

 当初はマラゲーニャだけを2つ歌うつもりでしたが、何せ歌唱力が今いちなので、やはり最後は少しテンポを上げる展開にする方が盛り上がるかな…、と。

のののの、初めて歌う形式は本当に難しいです。

 

 私は唄を覚えるのに恐ろしく時間が掛かります。たった1コンパス分、歌えるようになるのに、何時間も掛かる。今、覚えている歌詞は5行で、歌ってしまえば50秒で終わるのですが、今日はもう5時間、ずっと同じところを繰り返し聞いて歌って、聞いて歌って…練習しています。

 

 フラメンコ以外の曲は、こんな風にずっと同じ箇所を繰り返し聞き続けることは出来ないので、我ながらつくづく好きなのだなあ、と思う訳です。

 

 こうして何時間でも没頭できるほど好きなことがある、というのは実に幸せなことでして、きっとこの幸せを噛み締めつつの練習は気持ちを高揚させるので、結果、自然治癒力も向上し、足も早く治るだろうと…、治ってくれ、早く、とりあえず明日までに!

(T T)