読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

人は見かけによらない。

 「他人を外見で判断してはいけない」というのは、我が身に照らせば頷けることが多いかしらね。

例えば
一見「お酒強そう」→実は殆ど飲めない。美味しいと感じるのは夏のビール一杯程度で、そもそもお酒の“味”というものが判らない。

一見「目つきが鋭い」→実は相当な近眼なのに眼鏡もコンタクトもしていないので、見えていません。(自転車に乗る時は掛けている、でないと死ぬ)
1m離れるともう相手の表情が判らない。スタジオでは声と体格、服装で相手を判断しているので、道で通りすがりに認知するのは不可能。

一見「しっかりしていそう」→実はダメダメすぎる。

 最近、このダメダメが加速していて…、本当にもう毎日のように膝がガックシ折れる訳です。
鍵や切符をなくす、電車を乗り間違える、乗り過ごすというのは勿論、3日に一度以上はあることで、対策もしているけれど、他にも隙あらば(というより隙だらけなので)ポカばかりしています。

 例えば眼鏡を額に乗せて「何処ー?」と探す人っていますよね。…いえ、先日はちゃんと掛けた状態で「何処ー?」と探していました。度があってない証拠ですが、ま、娘のお下がりなので合う方が不思議です。

それから、靴下が片っぽない〜!と探して見つからず、後で片足に重ねばきしていた時の脱力感…。

ギタリストに「コーヒー飲む?」って聞いて入れながら、別の話題になってすっかり忘れ、数時間後に冷め切った黒い液体発見した時の申し訳なさったら…。ため息ついて自分で飲もうとしたら、手が滑ってPCとiPadの上にスルっとな。ひぇええええ!!!!!(ええ、キーボードカバーは必須です。)

 ご飯がお焦げを超えて「焦げ焦げ」になるとか(土鍋で炊いているので)、ヤカンが空焚きになる、風呂水溢れる等々は、タイマーで乗り越えられるでしょ、普通。
タイマーを掛けたこと自体忘れて、別の部屋に居たら意味ないわけです。(u_u)

ともあれ、今の重要課題は雪道で転ばないこと! 
本番一ヶ月前の負傷というのを、今度こそは回避しなければね。