読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

忘却は自己防衛本能

「忘れる」というのは、ひとつの優れた能力だと思うのです。
四六時中、降り注いでくる情報の雨に濡れすぎないようにね。

 他にも「聞かなかったことにする」「見なかったことにする」のは時に大人のマナーであったり、「うまく騙されておく」なんてのも上級技かも知れません。

 いやしかし、最近の私は、もう大変な自然体で「忘れる」ことが出来るので、実にいい感じと言えましょう。(はた迷惑と言う)


 さて、今日はスペイン語の勉強日でしたが、帰り際に先生から郵便物を投函するようにと承りました。

 雨天でしたのでリュックに入れて、忘れないように「お手紙、お手紙…」と呟きつつ歩いたものでしたが、信号待ちでしている間に駅前の鯛焼き屋さんが目に入り、その後は「鯛焼き、鯛焼き…」に…。

 電車に乗ってからリュックに「お手紙」を見つけた時のシマッタ感は、ええ、ええ、半端ではありませんでしたとも。

しかし、やはり師というのは生徒の性格を見抜いておられるのでして、先生は私に手紙を渡す際、こう仰言ったのです。

「川崎さん、こうゆうものは、忘れてしまうのが常だから、御手数ですが、投函された後にメールでご一報くださいね」

クアァあああ、ドンピシャやんかーーー!

はい、勿論、お知らせしました。荻窪から…。(⌒-⌒; )