読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

久しぶりの読書

『逞しきリベラリストとその批判者たち』井上達夫の法哲学    瀧川裕英/ 大屋雄裕 / 谷口功一 著  ナカニシア出版(2015)
 
未知の分野の本を読む時って、 自分の頭の回転数と読書速度が全く合わなくなることがあるんですが…。皆さんは、如何ですか?
何だか文字面を追うばかりで、中身が頭に入ってこない感じ…、この本はまさに読み始めがそうでしたが、4章:『現代の貧困』7章:正義に基づく『自由論』…と少しずつ読み進む、11章:『フェミニズム』,13章:『憲法第9条削除論』あたりからは一気に興味深く読むことが出来ました。護憲でも改憲でもない「削除」かぁ……。結局、最後は否定されて章を終えますが、こうした普段使わない思考経路が刺激されるというのはなかなか面白かったです。

『依存症のすべて』廣中直行著 講談社(2013)

ー依存症は「頼った相手」にとらわれる病気 
ギャンブル、ネット、買い物、薬物 等々 依存症の問題点、依存症を生む心理、分析、課題、治療法、予防法などが読みやすく、かつ詳しく書かれています。

f:id:Satomi_KAWASAKI:20160502081126j:image