そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

怖い本

連休中に読んだ本
『残穢』小野不由美著 新潮文庫 は、本棚にあるだけで怖いとやらの評判本、娘の部屋にありました。笑 ヤバい ww 読まなきゃ。

うーーーん、最初の方は、確かに気味の悪い話しだな、でも有りがちな…とか思いつつ読み進めたのだけれど、話しが発展するにつれて、おいおいおい…。そんな何もかも 怨念とやらに繋げていたら、旅先の見知らぬ土地ではどこにも泊まれないし、青梅街道さえ歩けないんですけどぉ…。という訳で、私にはじぇんじぇん怖くありませんでしたのん。

それより、嫌ーな汗が出てくる感じの怖さは、もう一冊の方『もう二度と死体の指なんかしゃぶりたくない!』ディナ・コールマン著 山田 仁子訳 basilico版 という ある犯罪現場捜査官(鑑識)の回想録でした。こちらは全て実話…。
特に「盛った話し」でもなく、彼女が10年間の現役時代に経験した印象深い事件、というか日常的に対処し続けた事件の記録です。(◞‸◟;)

f:id:Satomi_KAWASAKI:20160515025150j:image