そい じょ 

川崎さとみのプライベートブログです。 

夏休み 7)

始発で博多を発ったので朝ごはんの代わりに「ちーず in ちくわ」を頂きます。

「in」の意味が想像と違いましたけれど、私が未熟でした。確かに「in」です。

f:id:Satomi_KAWASAKI:20170816145106j:imagef:id:Satomi_KAWASAKI:20170816145113j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸駅で45年振り? に従妹と会い、山盛りの話しをしました。

お互い、頑張って生きてきたよなぁ…。

 

さて、後は予定もないので、神戸港へでも行くかね〜。

ナイトクルーズの最終に間に合ったので乗りました。

夜景の素晴らしさ! 

f:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150153j:imagef:id:Satomi_KAWASAKI:20170816145720j:imagef:id:Satomi_KAWASAKI:20170816145941j:imagef:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150017j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に向かう途中で見つけた鯛焼き屋さん、勿論買います。

超絶 美味しいです。でも「天然」という意味がじぇんじぇん判りましぇん。笑

f:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150253j:imagef:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150815p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ小腹が空いていたので 宿の近所にあった「たこ焼き屋さん」で 「ネギ焼き」を頂きました。

すんごいボリュームでした。

f:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150302j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝は、通りすがりのパン屋さんが「ウチのパンはうまいでぇーー」という風情を溢れさせていたので、衝動買いしました。

当たりでした。上石神井1番の美味しいお店も唸るレベルだったと思います。

f:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150345j:imagef:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150429j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた 40年ぶりほどに 西明石の伯母を訪ねて会って来ました。

f:id:Satomi_KAWASAKI:20170816150417j:image伯母は私の母を実質的に育ててくれた恩人で、兄弟中で一番の働き者として一族から尊敬されている人です。

伯母の様々な苦労は耳に入っていますが、伯母自身の口から それらの苦労話しを愚痴として聞くことは、遂にありませんでした。

「うちはええ旦那さんに恵まれた」「息子は優しい」「若いのにできた嫁や」全てそんな調子。

 

そして最後に「たとえ夫婦でも親子でも、越えたらあかん一線はあるんやでぇ…うん、そうか、とまんま認めなあかんこと あるんやでぇ…」と繰り返し言われた時は、少し泣きそうになりました。

 

ほんま、そうやねぇ。

 

去り際には「お小遣いあげる」と何度も言われて、必死で辞退しながら帰路に着きました。

伯母の中では、ずっと子供のままの姪なんですかね、私。

 

伯母ちゃん 有難う。来てほんま良かったわ。

 

==================================

10日間かけて、数十年振りの親戚や友人、SNSで繋がった初対面の人、合計14名の方々と会うことが出来ました。

SNSでお互いの近況を知ることが出来る時代なので「不思議な久し振り感」があったり…でも、実際に会うのはやっぱり違う、本当に楽しかったです。

 

本来 それほど社交的でもない私が、こうして 会える人には会っておこうと思えるようになったこと、毎日、楽しく生きていられることに心から感謝です。

 

Gracias a la vida, que me ha dado tanto...とは このこと。╰(*´︶`*)╯